ただいまです ~ paris 1 ~

c0040003_1148577.jpg

長い間留守にしましたが、皆様覗いてくださってありがとうございました。思った以上に仕事に追われてしまったのと、パソコン接続のトラブルやらで、更新できずにいました。写真も含めて、直ぐにお見せしたいのでえすが、只今処理中です。しばしお待ちを!

そう、まずは出発からですよー。厳しい重量制限に悩まされました。N画伯みたいにイラストでお知らせしたい程です。最終便の直前にもかかわらず、無理やり手荷物だして、先進国民とは思えないほどの荷物を抱え旅立ったのでした。お陰さまで私の荷物だけ一番にでてきてしまい、何事も無かったようにスーツケースに戻し、空港を後にしました。それでもやはり手荷物も多かったのですが…。

さて、到着したら直ぐに、昔のプライベートカットのお客さん宅へ。ちょっと早く着きすぎたので、久々にお散歩してみました。このお宅の界隈はアメリーちゃんの舞台となった地区で、あのカフェはいつも賑やかで、日本人の観光客も後を絶えないみたいです。ちょっと裏にはいったら、変なポスターを見つけました。この写真は携帯で撮ったので、うまく写っていませんが…

一番上は、ゴミはごみ箱に捨てましょうという事。ゴミ箱も増えていたような気がした。でも、相変わらず、道のポイ捨ては減っていないのですね。パリでは毎日夕方に清掃人が水(圧)を利用して、ほうきで下水やら水路?やらに一緒に流してしまうのですが、ゴミが多かれ少なかれ、彼らは毎日働きます。そのうち誰かがきれいにするという事か、大人も子供の前でポイします。勿論モラルある人はしませんよ!昔、独友達とドライブしていた時、彼がタバコをポイしたので、注意しました。自分の国じゃやらないが、ここは別と、意味不明な事を言ってました。またしばらくして、日友達も道でポイ捨てをしましたが、その時の言い分は、こうすることにより、失業者の仕事が増えるし、人の庭で核実験やったような国(当時は鮮明な事件)なんだから、構わないとの答え。まあ、どうでもいいですが、ゴミは持ち帰りましょう。但し、カフェのバーやテラスでタバコを吸う時は下に落とす場合もあります。灰皿をいちいち洗うなら、最後に一度床を掃くのが楽だからだそうです。こういう人種なので、衛生観念は私達よりもはるかに希薄です。

二番目は、犬のうんちを持ち帰りましょうですって。2年前と比べ少なくなった気もしました。知り合いの美しい女性が、巨大うんちに滑り、間抜けな姿になり、帰宅したのを覚えています。これも、夕方水に流されてしまうんですけどねー。パリでは気をつけましょう!

三番目は、立ちションやーよ、トイレに行ってねってことです。なんか汚くてすみません!ポスターになる程現実的な問題なんですよ。ふつうはしないと思いますが、浮浪者やアル中が多いので問題なんです。確かに、道を歩いていると、これは…と言うのがあります。電車の中ですましてしている人もみましたし、ホームでもいました。あー、汚くて本当にゴメンナサイ!!

四番目は、粗大ゴミは連絡してねって事です。でも、これは、地域によっては直ぐに誰かが持って行ってくれる場合があります。引越しの時いらなくなったステレオを意図的に出そうと、置いたとたんに、黒い坊やが持って行ってくれました。ある日中、マネキンがばらして何体も放置されていましたが、アーチストも住む界隈、あっという間になくなっていました。古くて味のあるマネキンで、私も持ち帰りたかったほどです。なんかこの街はこうして回っているみたいで、無駄な消費が無く感じられます。

あー、汚い話ですみませんでした。でも、日常な問題なんですよ。街が汚いせいか、始めの1年目は抵抗力がなく、よく風邪を引いてましたが、お陰さまで今は強くなっています。

写真が来るまでまっててねー。
[PR]
by maischaud | 2005-05-08 12:52 | 旅行
<< 元大家さん ~paris 2 ~ >>