仕事 ~paris 3 ~

c0040003_13242041.jpg携帯の写真なので、なんだかわからなくなってしまうが、パリでの仕事風景。某T社の日本のTVCMの撮影。あいにく私はTVをあまりみないのと、日本にいなかったので知らないのだけど、もうおなじみの仏人らしい。この子、11歳なのに場馴れしていて、アドリブもうまくびっくりした。ま、仏でもたくさん仕事しているらしいのですが。でも、上手。

全部じゃないけど、パリでの撮影現場って、お昼は必ずゆっくりとって、テーブルにはお水と一緒にワインが並び、前菜、メイン、今回はチーズも、デザート、カフェの順番で出てくる。始めの1週間はこれが毎日。しかも、時間配分の都合で11時過ぎからランチになり、楽しませてもらった。午後にはお菓子や軽食もスタジオに並んでいるので、お持ち帰りしたいほどだ。

日本の現場と違うのはおしゃべりが多い事、緊張感もあるが、縦関係もなく、わき合い合いとして、私はそのゆるさ加減がすきだったりする。大声で怒鳴る人もいないしなあ。日本でも、似た様な状況もあるけど、やはりアシスタントはタバコも吸えなかったり、怒られたりするのは、当たり前だから、ちょっとした違いはあるのですね。今回の現場は日仏人共に、とても明るく楽しく、いろいろ勉強させてもらった。

仕事の進め方はのろい時もあるみたいだが、なんだいいながら、ばしっと決めてくれる。ダンスのシーンで必用ならばカメラマンも、監督も恥ずかしげもなく踊る。玄人目にも違和感のない映像になっていた。関係ない人間も踊り始め、とにかく楽しい事を見つけながら仕事をする仏人。この人たちの楽しさの追及は脱帽した。まあ、そこまでしなくても、日本人は他に別の楽しさを見つけているのだろうが。

久々の仏現場。仏語は元々うまくもないので、まあこんな程度と思っていたけど、、始めの1日目よりも日に日に仏語が上達した。あー、また住みたくなってしまったー!
[PR]
by maischaud | 2005-05-09 14:02 | 旅行
<< 13日の金曜日 青い匂い >>