テレビ

私は普段テレビを殆ど見ない。小学生の頃はテレビっ子で、夏休みなんかは午後2時位の連ドラや再放送さえクリアできれば、1日中見ていられた。特にドリフは大好きで、小学校1年生の頃は親におねだりして2回もナマドリフを見に行った。もちろん、オープニングは手を振り上げて全員集合!と叫び、おっスも、からすの歌も歌いましたよー。ああ、いい思い出。

就職した1年後に、偶然同郷の女の子が入社してきて、時々地元話で盛り上がったりした。やはり彼女も同じ頃、同じ場所でドリフ公開収録を見に行っていたらしい。もろ彼女の地元での収録だから、土曜日小学校が終わり、早い時間からそこに行って、出演者の入りを待ち、近くでナマを見ようと皆が頑張っていたとか。しばらく待った後、誰かが“あ、高木ブーだ!!”と叫び、皆が一斉にそちらの方に走っていった。彼女も無我夢中で走りはじめたその時…“どっかーん!!”気が付いた時は病院のベットの上。なんとブー見たさにまっすぐ突っ走ったら、走ってきた車にぶつかり、入院する羽目に…。彼女は“○○さん(私の名前)、私は高木ブー見たさで事故りましたよー。”と、おかしく話してくれた。

あの頃、ナマ芸能人を見るって本当に貴重な経験。田舎に住んでいたら尚更。だから、ドリフの公開収録には感謝ですよね、ゲストも豪華だったし。後輩は痛い思い出しか残らなかったみたいだけど…。そんな影響もあり、いまでも仕事で相手にイメージを伝えたりするに、“ドリフっぽく”とか言っちゃいます。すごく若い人とも仕事するようになったら、これも使えなくなってしまうかもしれないのは残念。それと、昔ちょっと考えたのは、国際結婚したら、ドリフやサザエさんネタで、盛り上がれなくなってしまうのは、寂しいかなあと、全くもって必要ない(お呼びじゃない)のに悩んでしまった。

今は興味の対象が変わり、アイドルどころか、お笑い芸人の名前も分からくなり、ついていけなくなってしまった。小さい頃は、情報の吸収元が全てテレビだったから(ダメな家庭ですみません!)、影響も大きかったなあと、インターネットをこなせる今、懐かしく思うのでありました。


……あ、余談ですが、今時の若い子は、チャンネル変えることを“チャンネル回してー”とか言わないんでしょうねえ。私は、ちょっと意識して、“チャンネル変えてー”と言ったりしてます。
[PR]
by maischaud | 2005-07-29 12:08 | 日常
<< モテる女はちょいロング 第一回オールスターNWJP夏の祭典 >>