御岳山登頂&御岳神社参拝

本日は午後出勤の為、朝から屋上で芝刈りと植木のお手入れなどをしていますが、日差しが強い!
北にはすでに黒い雲、南にも入道雲ですから、夕立は間違いないですかね?

そして、本日明日は、某ブラジル人予言者が東京に震災があると予言している様子。
ミャンマーサイクロン、四川震災を予言していないので、??だけれど、どうなる?

2週間程前、木曽御岳に登山に出かけた。ここはアルプスなどに属さない独立峰で、3046メートル。
中世時代から修験道の場として栄えると、独自の山岳信仰が生まれ、霊峰山となったとか。

7合目までクルマで行けるので、予定では深夜2時に到着して、3時間弱の登山をした後、
頂上でご来光を考えていたが、遅刻や高速での事故など諸々あってご来光は7合目駐車場で参拝。

登山者の6割程は白装束。”さんげ(懺悔)さんげ、六根清浄”この言葉を聞きながらも、
私は全く懺悔も六根清浄もする余裕無く、ひたすら登った。山頂へのアプローチが短いと
いいながらもすぐに急斜面になり、速攻疲れた!ジムでは10キロのバーベルを背負って
のスクワットやマーシャル系のキックをがっつりやっているのに、全く意味がない!
おまけに徹夜移動の疲労か、自律神経がおかしくなってきてしまい、心身共に壊れかけてしまった(笑)。

まずは王滝頂上に到着。神社参拝といくつかのお守り、御朱印帳を済ませ、少し先の
剣ヶ峰に向かう。こちらも大きな石の多い斜面で、やっと登りきった。
この辺りから、少し余裕が出て来たので、写真も撮り始めた。

c0040003_1151586.jpg
c0040003_1284850.jpg









3046mなど実際立ったのは初めてなので、雲の上の人に皆でなり、気持ちがよかった。
雲海が見えて、絶景に疲れが飛んだ。








c0040003_12171563.jpg
c0040003_12174168.jpg
c0040003_12175528.jpg
c0040003_12362557.jpg










その後お池巡りをしつつ下山。下山時はスクワット効果も利用出来たのと、登頂の清々しさや
糖分補給で、かなり体力的余裕が出て来て、楽に下山出来た。


c0040003_12251961.jpg
c0040003_12253418.jpg


怪しげなモニュメント。



c0040003_1226619.jpg
c0040003_12261687.jpg
c0040003_12265712.jpg
c0040003_1227662.jpg






そうそう、行きの山道で、ガソリンメーターが初めて0になってしまい、ーーーと
表示不可能なマークまででてしまっt。本当にぎりぎりで到着したものの、帰りが不安でたまらなかった。
30分もの道のりをガソリン無して、GSまで行き着くか?但し、帰りは急な登りの反対なので、
売店のおじさんも大丈夫だろうと言ってたので、一か八かトライしてみた。アイドリングも
しているのだけれど、ニュートラル作戦で下った。しかも、途中子宝の神社にまで寄り道をして、
最後は無事(値段が)高級GSに到着できた。行きの心配もなくなり、旅館まで行き着いた。

その後は温泉でさっぱりし、昼寝をし、夕食も済ませ、即睡眠に入り、皆朝まで爆睡してしまった。

つづく
[PR]
by maischaud | 2008-08-06 12:05 | 旅行
<< つづき 旧東海道 >>