exhibition

少し前だけれど西麻布のギャラリーでやったexhibitionの制作に私も携わった。

この展示物、一冊の本のページを作りたいアウトラインに沿って1ページ1ページ、
切って(掘って)行く作業を重ね、立体的な作品が出来る訳です。


c0040003_21384231.jpg
c0040003_21385959.jpg



同時に、ワイヤーでモデルを宙づりにして何枚も撮った写真を、壁に沿わせた展示など
あり、思った以上の完成度で満足したのだった。
↓こちらは作成途中。展示では全く別物に変化。


c0040003_21443526.jpg
c0040003_21445868.jpg





そして最近は初の映画の仕事をやっていて、1ヶ月半の間週1ペースで現場に参加。
私は某女優さんのヘアのみ担当なんでお気楽と思いきや、慣れない映画の現場は、
ファッションとは違うルールが沢山あって、カルチャーショックの連発。
現場スタッフの皆さん、鬼の様に働いていて、時々参加の私は心苦しい程。

メインでヘアメイクやっている方とは仲よしなので、次作からはヘアデザインの
ディレクションと技術指導になり、現場には参加しない事になった。
ほぼ毎回現場が変わり、外人モデル相手の今の慣れた仕事の方がお気楽だった!

しかし、景気が悪いと数ヶ月後には確実に影響してしまう。
数年前よりも状況が悪いのに、これからどうなるのだろうか…。
[PR]
by maischaud | 2008-10-10 21:58 | お仕事
<< weezer weezer! 秋祭り >>