カテゴリ:日常( 38 )

weezer weezer!

先月weezerのライブに行った。
95年頃の初来日から、フェスが中止だの仕事の都合でキャンセルなどでやっと参戦。

私がパリにいる頃は、主要メンバーが大学なんて通ってしまっていたので、活動はお休み
していて、小さな箱では見る事が出来なかった。
で、東京は代々木体育館。今回は直前にチケット買ったのに、一番前の席だった。
写真を撮ろうと思ったけれど、セキュリティーの人が目の前で、最後まで撮れなかった。

ライブは先に行った人達の感想よりもずっとよかったし、MCが怪しい日本語なのも
楽しかった。でも、心に残る超感動ライブではなかったのが残念。
(更に)でも、いいのです、それで。

c0040003_2294893.jpg



















感動ライブ第一位は、今は亡きエリー。
今月20日が命日。ちょっと暗くなってしまった…。
えり〜!!

c0040003_22122842.jpg
[PR]
by maischaud | 2008-10-10 22:13 | 日常

秋祭り

この週末、色々な地域で秋祭りを見かけた。
我が地元でも、碑文谷八幡宮の大きなお祭りがあり、土曜日夜にちょっとだけ行ってみた。


ウチの前の道路の練り歩き。下町情緒溢れる風景…、電線が多過ぎ。
c0040003_1525394.jpg




















夜は9時だというのに、第1の鳥居からとんでもない数の屋台がぎっしり。
まだまだ賑わっていて、特に中学生が多かった。
お祭りであれば、夜に堂々と外出が出来るのは、私の頃も一緒だったけれど、
やはり土地柄か?私の田舎と比べ客層が違った。やっぱり都会の子供だよ。

そんな風に懐かしさも抱きつつ、参拝。いつも来ている神社だけれど、参拝に行列。
その後は、去年の屈辱をはらすべく、金魚すくいへ。去年は20年以上ぶりにやり、
すっかり上手くなっていると自負していたものの、全くすくえず。値上がりしていた
料金にもショックを受け、1度で止めてしまった。

c0040003_15142521.jpg





















でもやっぱり今年も0匹の結果で、来年に期待。
それにしても、ああいう屋台は、私が子供の頃よりも進化を続け、色々なお店が
増えているもんだと関心した。大人向けでは、鮎の塩焼きやチキンステーキなどの
ビールと良く合いそうなものが気になった。(もちろん買わないけれど)

翌日は恒例の演芸枠で、地元の大木ぼんちゃんが来るらしく、今年も(去年と同じ様な?)
ポスターが貼られていた。
c0040003_1528216.jpg



















地元のど真ん中にいながら、お祭り行事や手伝いに参加しないのは、もどかしいが、
まだまだ新参者なので、仕事もなく、子供でも出来たら参加したいと思うのであった。




c0040003_15272820.jpg
 提灯
[PR]
by maischaud | 2008-09-15 15:30 | 日常

旧東海道

前から気になっていた、旧東海道にサイクリングにでかけた。
品川の八つ目からスタートして、旧東海道をぶらぶら散策するだけ。

そんなに時間もないので、看板を見て行きたい名所の目星を付ける。
今回は地図には無い海岸だったという坂道も気になっていた。

商店街は一方通行で、飲食のお店も多かった。品川の屠殺場が近いからかな?焼き肉屋が
目立った。
途中までは商店街あげて、町並みを残したりしていたけれど、目黒川辺りを境に普通の
商店街になってしまった。

まずは品川宿。昔、知り合いのおじさんに、おせんべいの品川巻きが、品川宿の遊女に
布団を巻いて…???が由来となったと聞いた事があったが、忘れた!!
今も調べたけれど、ネットでは出てこなかった。肝心な、どうしてっていう理由がない
ので、説得力も何もないけれど、一応、品川巻きはここから来ている。
こちらの坂が、噂の埋め立て地場所。昔はここが波打ち際だった。

c0040003_16254699.jpg
c0040003_16255679.jpg


しばらく行くと目黒川にあたり荏原神社。赤い橋を渡り参拝。

c0040003_16402985.jpg
c0040003_1640426.jpg


昔は品川の龍神様と呼ばれていたらしい。目黒川沿いでちょっと鬱蒼としているが、
呼ばれてしまった!
大森手前まで散策したが、通りには数多くの仏閣神社があり、いまでも当時の信仰の深さが
伝わって来る気がした。

平和な時代でこそ生まれた文化や娯楽、習慣は文章で読んでも、リアルに想像できて、
当時の義理や人情、粋である美学は今の時代にも必要不可欠な様な気がする。

今の目黒区の住まいは、当時将軍が狩りをしにくる場所で、竹やぶだか原っぱだったらしい。
近くの目黒不動尊までがいわゆる江戸で、地図からはすこしだけ外されてしまうのが残念。
その狩りの帰り道、庶民が焼いていたさんまの匂いに惹かれ、めぐろのさんまが有名に
なったときいた。

江戸ブームも情報が豊富で、色々知るいい機会となった。
[PR]
by maischaud | 2008-08-03 16:54 | 日常

結婚一周年

なんと、私達も結婚して1年経ちまして、付き合ってから6年半。
特にイベントなども考えていなかったのだけれど、結婚祝いにもらった東京湾クルーズ
ランチ券があったので、それを利用する事になった。

浜松町からのスタートで、船もご立派。バブルの時代は活躍していた様子が伺える。
私達は用意された個室に案内された。テーブルセットもしっかりしているのだけれど、
ちょっとフェイクな感じ。でもそれはそれで結構新鮮なので、それも楽しむ事にした。

先ずは、アペリティフが出て来た。シャンパンって言ってたけれど、ヴァンムスか何かで、
イマイチだった。その後も前菜、メインと何種類か続いたけれど、久々にあんな感じな
仏料理を食べて、ちょっとびくりした。飲み物は水で十分な程パフォーマンスが悪かった。

多分20年前と何も変わってない味なんだろうけれど、初めて食べたフランス料理が
美味しいのかまずいのか分からずに食べた事を思い出した。
とは言っても、こんな機会でもないとクルーズデートなんてしないし、新鮮で楽しかった。
下船後、胃がもたれてしまったので、帰りは遠回りしながら歩いて帰った。
なにはともあれ、無事1年もち、お祝いしてくださった方達も裏切らず、めでたし
めでたしだった。



c0040003_151211.jpgc0040003_15121864.jpg
[PR]
by maischaud | 2008-08-03 15:12 | 日常

6月


で、6月1日に籍をいれる為、目黒区役所へ。数日前、家飲みしたときに記入した
友達の証人欄も確認して、婚姻届を提出。2人共〝独身でなくなってしまった~〟と
窓口で嘆き、ダメなら、バツイチ倶楽部でもいいじゃないかと慰めあい、証明書をもらう。

当日はちょうど良いお天気で、近所の友達も数人きてくれました。感動部分は余りなく、
楽しく無事挙げることができました。そして、カメラは仕事を通じて仲良しになった
香港在住の日本人ファトグラファーと、香港人彼(もフォトグラファー)が撮ってくれ、
本格的な床山さんもいて、小規模な式ではもったいない程でした。

フォトセッションが仕事風に何枚もとられ、たっぷりと神社を使わせてもらいました。

その後は、両親だけで食事をし、無事終了。
翌日は同じ事務所のメイクちゃんの式が、ICUなどであり、こちらもとっても素敵な
ヘアメイク、衣装、式でした。

さらに、6月はもう2、3組お式があり、この年になり、初めて結婚ラッシュを味わうので
ありました。





c0040003_17405346.jpg

[PR]
by maischaud | 2007-07-18 17:40 | 日常

5月

c0040003_12341313.jpg


4月中旬に、結婚の日取りを決めてみました。そもそも、彼とは長いお付き合いで、
半分くらい遠距離、半分同棲といった感じで、内縁状態(事件簿を思い出しますね)でした。
すでに家族化していたけど、両方の両親が顔を合わせた事がなく、慌ててGWに日にちを決め、
一般でいう、顔合わせを、目黒雅叙園などでやってみました。3月まで住んでいたマンションの
隣にあり、目黒の歴史を学ぶには、面白いものが沢山ある場所でした。

同時に我が家の氏神にあたる、碑文谷八幡宮で式を翌月2日に予約、これまた、空いて
いたので、ラッキーでした。で、そこは、提携業者がないので、着付けなどは、インターネットで
探しました。どうしても自髪で文金高島田を結いたかったのだけれど、なかなか出来る人が
いなく、ちょっと大変でしたが、そこは検索好きな私の嗅覚で、すごい人を探しあてました。
しかもお安い!そこには2度ほど通って、沢山のアンティークかんざしや着物コレクションを
選んできました。そこの方にも、ずいぶんのんびりねーなどと言われましたが、シンプルな
式の予定なので、これ以上何もする事がなかったのでした。

着物は白くて何でも一緒と思っていたけれど、ピンきりあって迷い、同時に、かんざしも
鼈甲にしぼったけど、これまた迷いました。
[PR]
by maischaud | 2007-07-18 12:34 | 日常

占い

お久しぶりの日記です。

相変わらず波ある生活で落ち着きませんが、まあ、お仕事はビビリながらも頑張っています。
先日は東コレなどをやって、ご近所ブログ“三十鈴”のみそちゃんにも取材してもらいました。
一昨日はか○ら○みのカタログ撮影なんぞやったりしまして、ボリュームあるドレスを沢山見て大騒ぎしてきました。
そんな感じのこのごろです。

今日は3年前から気になっていた占いに行ってきました。友達の行き付け(?)で、いろんな占いができる方で、霊感、過去世リーディングも同時に行います。今なにかと前世やら守護霊などが話題になっていますが、私も聞いてしまいました。本来ならば仕事の事をメインでやってもらいたかったのですが、先月(彼が)購入した家の事をお話したら、その土地の話が殆どになってしまいました。

まず私はフリーランス以外は考えられないとの事。船乗りだった前世の影響が強く、放浪癖があり、一箇所に落ち着けないのだとか。元々スペイン辺りの貿易商船乗りらしいです。守護霊(主護霊←どっちのしゅごれいか忘れたが、指示出す方)は、私のフランス生活時代についたという、店舗などを展開する、オーナー系の仏人男性。この人のキャラ、おおらかで瞬発力があるが、持続性がないとの事。で、右側についているもう一人の人、この人もパリからのお付き合いの仏人女性、18世紀頃の髪結いさんで、作品はダイナミックだけど大人しい方だそうです。私は男として生まれた回数が多く、もう男の魂が根付いているそうで、私がスカートを穿こうが髪が長かろうが、まあ納得でした。そもそもクラッシックな髪型好きや、以前ブログにも書いたチェンバロの懐かしさやバロック音楽に拘るにはそういう背景があるのかもしれないですね。
そして気になる彼とも前世で家族だった事もあるそうで、腐れ縁的要素が強いようです。ずーっと遡ると、モロッコあたりのお坊さんでも一緒だったみたいです。私モロッコ好きですから~。
それと、オーラの色も忘れてはいけませんね。私の色は、赤メインのオレンジ、緑だそうです。守護神は家族の霊もついているみたいですが、それ程強くなく、やはり2人の仏人パワーの方が力を発揮している様子です。霊感は強いですが、霊を背負ってしまう事はないそうでした。

で、問題の家話ですが、最初は住所を見て特に…って感じでしたが、何か見えてきたんでしょか、先生も私も喉がイガイガし始めてしまい、どんどん気をつけろってサインや発言が多くなってきました。実際は本当にヤバイという時は、住所を書いた紙も触れず、咳き込んでしまうらしいです。そんな私たちは、工事中は塩や炭お酒を定期的に埋めたり撒いたり、近所の神社に行ったりと、やること満載でちょっとビビリました。命に問題はないけれど、離婚の危機問題もあるかもしれないので、念には念をということです。私たちは2人とも大殺界なので、時期も悪かったみたいです。テレビだけの話かと思い、あまり注意しなかったけれど、こんな所に影響がありました。そして、家に帰ってテレビに映っていたのは細木センセで、“大殺界に家を建てたい夫婦がどうしたらいいか”との相談に“絶対だめ”とお答えになっていました。元々私は賃貸向けの性格らしく、一箇所にいると煮詰まってしまい、仕事運も低迷してしまうらしいので、都会に安い仕事部屋を作ることを勧められました。お金が…と思いますが、頭の片隅にきちんとしまって行動したいものですね。土地の神様に敬意を表する事が大事らしいです。いろいろお勉強になりました。

そんな話題が大半を占めてしまったので、タロットで仕事などを占う時間が少しになってしまいました。とりあえず仕事は常にあるらしいので、安心しました。主護霊仏人のキャラが強いので、サイドビジネスなどもやってみるのもいいとの事。定期的に旅行でもいいので海外に行くこと。海外にも仕事運があるとの事、但し、1年以上行くと離婚になるそうです。

今日は普段感じていた事を再確認し感じでした。次回もまた行きたいけれど、今度は仕事の戦略などを聞きたいと思いました。
[PR]
by maischaud | 2006-10-14 01:34 | 日常

まとめてアップ、その前に…

ご無沙汰です。週末にまとめてアップしたいと思っています。
しばしお待ちを…。

その前に、今日の目黒川は、とても面白くて、水面アートです。
時間の流れと同時に水面も変化しています。c0040003_10513441.jpg
c0040003_10515136.jpg
c0040003_1052761.jpg

[PR]
by maischaud | 2006-04-08 10:52 | 日常

ちょっと一言

今日知り合いにあったら、彼女らは、昨日(火曜日)から、地震の話題でもちきりらしく、いつもの、ウワサの地震が来るシリーズだった。過去に私も間にウケて、終電逃しても実家に帰ったが、翌日何も起こらなかったので、それ以降、どんな大地震のウワサがあっても信じていなかった。が、今日朝ニュースで見た打ち上げられたイルカちゃん70匹を見てたので、彼女らの話が信憑性を増してしまった!果たして3日金曜日にXデイになってしまうのかな??何もないのが一番だけど、自身に限らず、緊張感をもって生活したいものです。
[PR]
by maischaud | 2006-03-02 02:10 | 日常

最近のこと

最近ちょこちょこ撮った写真(相変わらず携帯)です。

c0040003_1505355.jpgc0040003_1512478.jpgなんか配列よくないですが、随分前に終わった東京コレクションです。お隣は、最近さむくなったので見える富士さまです。実際はもっと近くクリアにみえるのですよ。すっかり雪化粧ですね。







c0040003_1553664.jpg
c0040003_1555492.jpg
時々みかけるのですが、目黒川のお掃除です。底にあるいろんなものを掻きあさってました。ちょっとめずらしいかとおもいまして…。因みに、上に見えるものは、tomomiさんが通勤に使っている目黒線
高架下です。もう一つは明治神宮。東京歴長いのですが、今回初めて行きました。七五三、結婚式共に見られたので、ちょっと得した気分でしたねー。ぎゃー人が多くておどろきました。原宿駅付近の出口にでると、すっかり仮装(本気)した若人がぞろぞろいて、これも観光の一部になっていました。

c0040003_24488.jpgc0040003_24207.jpg
きれいなチェンバロです。鍵盤の方から撮ろうと思ったのですが、人が多くて断念。その代わり、チェンバロを囲む人々を撮ってみました。みんな写メに夢中でした。これは、友達のバロックミュージックのコンサートで、今回は地元近くの銚子でコンサートが行われたので、銚子&波崎観光を兼ねて遊びに行って来ました。田舎の方々に聞きやすい選曲で、いろいろ考えたなぁーなんて思ってましたが、それでも聞きなれない人は眠くなったそうでした。後半は、主催者のリクエストで、バロックとか関係ない日本歌曲(山田耕作とか)やってました。こういうのが浸透するのは難しいですが、お客様の反応は、結構楽しんでいたみたいで、私も観客側からホッとしてました。

c0040003_2182473.jpgc0040003_2183857.jpg
















銚子では、友達と夜ご飯を食べる関係もあり、ホテルに素泊まりしたのですが、2つだけ空いていたお部屋の洋室の方を選んだら、こんな素敵なお風呂がついていました。そこのHPなんかみても普通のホテルで、多分ユニットバス付きなんですけど、なぜかこの部屋だけだけ独立した場所にあり、改装したてできれいでした。夜は寒かったですが、大きな窓を開け、すぐ目の前の海を月明かりで見ながら、贅沢なひと時でした。温泉ではなかった(と思う)のが残念でしたが、別にある温泉もいい感じでした。

以上、最近はこんな感じでした。あ、もちろん仕事もちょろちょろしていますよー。最近事務所の移籍を考えていて、それを兼ねた営業もしています。
今日は下にもう一つ記事書いてまーす。
[PR]
by maischaud | 2005-11-28 02:31 | 日常