<   2005年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

REVOIR

今夜は恵比寿の日仏会館で、フランス南西部に位置するぺリゴール地方の文化とワインの公演があったので行ってみた。前半は観光や歴史について、後半はワインについてゲストである、ド・サン=テグジュペリ氏が講義されていた。この方、ベルジュラックのワインシャトーchateau de tiregandを管理されている伯爵一家で、日本でも有名な星の王子様の作家ド・サン=テグジュペリのご子息だそうだ。

今日私が興味をひかれたのは、講義後のワインの試飲だった。2003年の若い白から始まり、赤、そして軽めの貴腐ワイン、2001年の貴腐ワインだった。私は最後の貴腐ワインがとても印象的だった。この地方は以前旅行をしたので、講義もなつかしく感じられた。ボルドーに近く、トリュフやホアグラ、チーズも有名でグルメな地方として知られている。ワインはボルドーに比べて安く、コストパフォーマンスがいい。「ボルドーに近いから美味しいんです。」と意味不明な説明をしている女性には笑わせてもらった。1920年近くまでボルドーの一種として扱われていた様なので仕方ないかもしれないが。
c0040003_0554532.jpg

c0040003_0554527.jpg


会場内で試飲をしていたら、以前フランス語を習い始めの頃同じクラスだった方がいらした。
渡仏の際、応援してくれた方でもあり、手紙も交換したが、何時の間にか音信不通になってしまっていた。思い切って話し掛けると覚えていて下さって、周囲の方々と距離が縮まり、より一層フランスざます談義に花が咲いた。今日はなんと言っても年齢層が高かった!彼女は私が渡仏した98年以降からずっと日本で仏語を続けているらしく、講師にも積極的に話し掛けていた。私も仏人伯爵にご挨拶をと思い、ありがとうございました...といい始めえたら、ご年配の男性が割り込んできてさえぎられてしまった。ま、それはそれでいいのだが、80近い年配の方も非常に多く、皆仏語も達者な様で、出で立ちも普通ではなく、独特の世界感が放出されていた。ヘアスタイルに関しても、興味深いものばかりだった。日本人の仏関係者や仏好きな方々はこういったタイプが多いと思うのは私だけでないはずだ。

試飲でいい気分になったので、そのまま2件寄り道してしまったのであった。
c0040003_0554511.jpg

[PR]
by maischaud | 2005-01-28 00:55 | グルメ

BOOK

c0040003_226874.jpg


今日はカメラマンに会いに行く為に、久々にブックを入れ替えた。このブックというのは、自分の作品写真集で、今までやった仕事やテストシューティングの写真を一冊の大きなポートフォリオに挿んだ履歴書そのものである。これは資格や免許以上の重みがあり、これで自分の実力が全て判断されるだけでなく、初対面であろうが解る人には、自分の性格やバックグラウンドが作品から知られてしまう恐ろしいものだったりする。

私はヘアーアーチストという肩書きで活動している。モデルにヘアースタイリングを施す訳だが、メイクとセパレートでの仕事はまだ日本では少ないほうではないかと思う。今までいろいろな人に見せた結果、一番多かったのは、『男性(が作った)のブックかと思った』という意見。つまり考え方が男性仕様みたいだ。コレくらいならまだいいが、どんな恋愛をしているか、何に悩んでいるのかも当てられてしまった事もあった。

ブック構成やページネーション、写真のセレクトは自分の好みで決めるが、良し悪しを決めるのは自分ではないので、これにはいつも悩まされる。これも不思議なもので、写真の並べ方で同じ写真でも、見え方が違ってくる。お部屋の模様替えみたいな感じなのだろうか?どんなプロでも終着点がない作品作りは時間だけでなく、お金も費やすのである。これが結構かかるのよ、トホホ...。
[PR]
by maischaud | 2005-01-26 02:26 | お仕事

始めました

今日から私もブログに挑戦。NHKでも特集やってたし、アナログ志向の私は、尚更ついていかなければいけないのだろう...。早速自慢の友達のワン子を載せてみよう! 1度預かった時にストーリー仕立てに作ってみた。なんてかわいい人の子なんだろう。

あー、明日は仏語○級の2次面接試験だが、大丈夫だろうか?
私は以前パリに住んでいた事があったが、金銭的問題や仕事を始める事を急いでいたので、学校で仏語を学んだのは最初の3,4ヶ月だった。『住んでいれば覚える』とか『ある日突然喋れるようになる』とよく聞いたが、そんな日は努力をした人にだけやってくるものと、数年経ってから気が付いた。ついでに、『語学を学ぶ際、自分のレベルの1つ上のクラスをとれば自然に上がる』と英語の得意な人がアドバイスしてくれたが、そんな事をした日には、落ちこぼれ街道一直線だった。それはさておき、私が帰国して早1年半が過ぎ、忘れないためにも仏検受験。運良く1次が受かった為、明日2次という訳です。今日は念の為、仏人友達に添削してもらった。面接試験と言っても世間話の延長なので、今日はちょうどよくお話できた。私の友達については追々お話していきます。

こんな私ですがこれからよろしくお願いします。

c0040003_044236.jpg
c0040003_044231.jpg
c0040003_0442372.jpg

c0040003_0442326.jpg
c0040003_0442390.jpg

[PR]
by maischaud | 2005-01-23 00:44