<   2005年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ポーランド話~おまけ~

ポーランドの話が続くが、思い出したついでに書き留めておきます。

友達Dorotaちゃんは、フォトグラファーとしての顔をもつのですが、彼女が3週間、ポーランドの障害を持つ施設に篭り、最も素な人間的表情を撮ったことがあった。そこの施設は成人以上が対象で、比較的年配の人たちが多かった。

実際私は写真を見ただけなのだけど、彼女の写真の中に写る彼らは、私達が大人になるにつれ、忘れてしまった何かが現れていた。双子のおばあちゃん達はいつも、1人が笑うともう1人は泣くか怒る。2人が揃って笑う事はない不思議な姉妹。最後の日と知らせていないのに、カメラに顔を向けえてくれた、カメラ嫌いのおじさんなどがあり、ぱらぱら写真集をめくっていた。

手を止めた女の子の写真。ん?なんか変。芝生に座っているけど、どんな病気なのか察しがつかない。私はどんな問題かDorotaに聞いた。何と彼女は3歳の時に父親に豚小屋に捨てられ、豚と同じ生活を20年間していたらしい。施設の人が引き取った時は歩く事も出来ないし、話す事も出来なかった。というか、本当にに“ぶーぶー”言ったらしい。写真を良く見ると、顔と腕に白っぽい太目の体毛が生えていたのです。全体ではないけど良く分かってしまった。施設に入って2年が過ぎた頃の写真は、大分人間ぽくなっていたけど、まだ豚にも見えてしまうのが衝撃的だった。言葉はわからなくても音楽によく反応する子で、身体を動かしていたとか。

言葉も出ない1枚の写真はとてもショックでリアルだった。彼女の人生思うと同時に、自分のした事や親や家族がしてくれた事は違いすぎた。感じ方はそれぞれだけど、無念で仕方なかった。但し、Dorotaの写真は彼女をとてもポジティブに写していた。とんでもない過去は消せなくても、彼女は楽しそうだった。今はどうしているか分からないけど、少しづつ取り戻して、それが無意識に幸せになっている事を願ってみたのでした。
[PR]
by maischaud | 2005-05-20 01:49 | 友達

ポーランド

c0040003_221844.jpg
昨日のDorotaの話のついでにポーランド旅行のお話もしたくなりました。

99年夏、私と日人友達でパリから北上経由して、ポーランドを目指す電車の旅をした。ドイツや北欧の後、まずは、シノウーッシェというドイツと共有している小さーな島に、友達アンジェ(彼はパリでお留守番)のおばあちゃんとお母さんを尋ねて行った。黒人どころか、アジア人は珍しいらしく、その日の注目度は島ではナンバー1。ポーランドしか話さない彼女達には、大変迷惑をかけたが、暖かく迎えていただき感謝だった。
←スウェーデンから電車で移動中、車両も船に入ってバルト海を移動。

田舎から田舎への移動は電車とバスを利用した。観光地でないのでガイドブックも必要なかった。2度もさびれた駅で野宿させられたりして、若いって素敵!と今は思う。というか、今でも余り関係なかったりするけど…。そうそう、それで友達のDorotaの家には無傷で到着。使っていない彼女の築浅アパートをベースに生活した。

c0040003_1505965.jpg驚く事だらけだったけど、まず1つ。彼女は田舎のヒッピーの館に連れて行ってくれた。自給自足のベジタリアン生活をしながら、社会から外れて生活している若者の館になっていて、いでたちが映画や雑誌でみた70’Sヒッピーと同じだったので、日人友達と私は超うけてしまった。1日1回ミーティングがあって(勿論ポ語)、何を話しているか聞いたら、サーカスの動物をどうやって助けるかを議論していた。なんと!自国の政治や社会のあり方かとおもいきや、動物愛護かあ。でもサーカスぅ~?!退屈になった頃議論も終わり、終わった途端、誰かがぱーっと違法なものを吸い始め、60度以上の自家製ウォッカで、小パーティーをはじめていた。あ、勿論、ギターとか弾いて踊ってましたよ。なんだか分からない館だったけど、彼女のお陰で、希少価値の高いものをみれた。

c0040003_1575048.jpg2週間程のポーランドだったが、彼女と一緒の時は、各地の親戚や知り合いの家に泊まらせてくれて、ドメスティックな生活を楽しめた。クラコフの大家族で泊まる場所がない家に押しかけた時は、私とは見ず知らずの下の階のお宅に泊まらせてもらった。しかも、夜遊び後で、深夜の帰宅になってしまった。そこの大家族パパは未だに、我が家に日本人が来た事を近所の人に自慢してるらしい。翌日のアウシュビッツは電車の便が悪く、わずか1時間も見学できなかった。自分の落ち込む姿を想像していたが、少し見学し、映画をみただけで、写真も撮れないとんぼ返りは残念だった。ところで、この写真の電車、ドアが壊れて、開き放しでずーっと走っていました。70年代から変わらないようなポップな椅子がかわいかったです。

Dorotaのワルシャワの親戚の家での事。テレビから映画が流れていたが、ポ語の吹き替えだったのだが、しばらくして気が付くと、全部同じ声だった!ポーランドは予算の都合声優が一人全役やるのは当たり前だとか。今でも同じ人が活躍していることだろう。
田舎で食事中みかけたおばあさんは、立派な口ひげをはやしていて、両方の先っぽがくるり~ん(ホントです!)と巻いていた。剃らないのがすごいけど、そのおばあさん級でなくても、おひげや髪の薄い人は結構見かけた。あんなに女性的な体系なのに、ホルモンバランスが変わると、ポ女性は恐ろしいことになってしまうらしい。

いろんな人に助けられたポーランド。みな気さくで純粋だった。EU加わり、国民性も少しずつヨーロッパに近ずく変化があるのが残念だ。
EUになって早1年。収入は変わらず、物価ばかり上昇しているのが現状らしい。ある都市では、10倍もの物価の値上がりに悩まされ、外国へ職を求めて出て行く人数も増えたとか。統計学的に語学センスがあるらしく、仏でも学校にいけないポ人も仏語をこなしていたから凄い。なにかとご縁のあるポーランド。またいつかお邪魔したいと思います。今度はもう少し英語が通じるようになっているのかなあ…。
[PR]
by maischaud | 2005-05-17 02:35 | 旅行

DOROTA ~ Paris 4 ~

パリで撮った彼女(むしろ彼女のかわいい娘)の写真が、まだえげれすからとどかないのだけど、今日はネタに乏しいので、ポーランド人友達Dorotaの話をします。

彼女とは、元大家さんの紹介(参:paris2)で知り合った、私がパリで出会った初期の友達の一人です。不法滞在ずっとしていましたが、去年5月より、ポーランドEU加盟のため、社会保障と滞在許可はおりたものの、就労ビザは未だないそう。バイタリティーあふれ大胆でありながら、精神状態は常に一定な野生児。不良?だが、誰にでも気は優しく力持ち。モラルある現在3歳の子供を持つ母。郊外のセーヌ川のほとりに船を10万ほどで買い、不法停船しながら地味に暮らしています。

若かりし頃、家がない時は橋の下に住むこともでき、パリからポーランドまではヒッチハイクで帰省。カメラが好きで貧乏生活をしながらも、安いカメラで自然光が素敵な(好みはそれぞれですが)写真を撮り続けています。

武勇伝だらけなのですが、4年前彼女が妊娠した時、“何が変わった?ブルーになったりしないの?”という質問に、“下が見えなくなっただけ”と本気で答えていた。妊娠しても仕事を続け、歩き、泳ぎまくっていたのも驚いたが、出産の日なんて、朝“来た~!”と思い、彼を起こし、一緒に朝食を取って病院に出向いた。その後直ぐに陣痛がきて、わずか20分で出産。付き添った彼と助産婦(仏では先生ではなく、助産婦)さんが、赤ちゃんを抱いてどこかに行こうとしたら、彼女も“待ってー”と言いながら、ぺたぺた張り付いたものを無視しながら、ベットを降りていこうとしたらしい。直ぐに助産婦さんに怒鳴られたらしいですが。早い時期から仕事も復活し、乳母車をローラーブレードで移動させたりしていた。

2年ぶりに再会したが、彼女も変わらず元気で嬉しかった。子供も大胆に育っていて、微笑ましかった。うまくいかなかったり、落ち込んだ時は、彼女からもいいパワーを自然にもらって助けられていた。早くいいレンズを買えるようになって、日本で個展でもやってもらいたい。
[PR]
by maischaud | 2005-05-16 02:51 | 友達

13日の金曜日

ここ最近、恐ろしく不規則な仕事の入れ方をしていたので、こちらの営業も疎かになってしまった。24時間コース(連続おきてること)や、2時間睡眠が数日続き、どこの国の時間で生活しているのかわからなくなってしまってた。

そんな環境が終わる金曜日の夜、友人のNY移住の送別会があり、六本木で朝まで飲んでしまった。それはそれで、女の子6人で楽しかった。が、その日私は大きな忘れ物をしてしまった。カード類が入った袋をどこかに置いてきてしまった。気付いた時は一晩(朝から昼だったけど)経った後で、出かける直前。とりあえずカードを止めて、いろいろ電話をかけまくった。

カードの始末が終わり、いろいろ考えたら、免許証や保険証、銀行印なども入っていた事を思い出し、再びショック。そして極めつけがパスポート。仏生活の習慣で、いつも携帯していたのでした。8年目を迎えたパスポートは、20カ国程のスタンプや、各国のヴィザが貼られている思い出のものだった!誰かのバックに紛れ込んでいるような期待が未だ離れないのであります。飲んでも酔わないとか言っていても、お酒が入ったら注意を払う力が弱まり、オマケにお疲れだった為、思考能力も低下。

13日の金曜日、あー、悪いものに取り付かれてしまったのか!
数日後、発見したお知らせができることを祈って、おやすみなさい~。
[PR]
by maischaud | 2005-05-15 04:01 | 日常

仕事 ~paris 3 ~

c0040003_13242041.jpg携帯の写真なので、なんだかわからなくなってしまうが、パリでの仕事風景。某T社の日本のTVCMの撮影。あいにく私はTVをあまりみないのと、日本にいなかったので知らないのだけど、もうおなじみの仏人らしい。この子、11歳なのに場馴れしていて、アドリブもうまくびっくりした。ま、仏でもたくさん仕事しているらしいのですが。でも、上手。

全部じゃないけど、パリでの撮影現場って、お昼は必ずゆっくりとって、テーブルにはお水と一緒にワインが並び、前菜、メイン、今回はチーズも、デザート、カフェの順番で出てくる。始めの1週間はこれが毎日。しかも、時間配分の都合で11時過ぎからランチになり、楽しませてもらった。午後にはお菓子や軽食もスタジオに並んでいるので、お持ち帰りしたいほどだ。

日本の現場と違うのはおしゃべりが多い事、緊張感もあるが、縦関係もなく、わき合い合いとして、私はそのゆるさ加減がすきだったりする。大声で怒鳴る人もいないしなあ。日本でも、似た様な状況もあるけど、やはりアシスタントはタバコも吸えなかったり、怒られたりするのは、当たり前だから、ちょっとした違いはあるのですね。今回の現場は日仏人共に、とても明るく楽しく、いろいろ勉強させてもらった。

仕事の進め方はのろい時もあるみたいだが、なんだいいながら、ばしっと決めてくれる。ダンスのシーンで必用ならばカメラマンも、監督も恥ずかしげもなく踊る。玄人目にも違和感のない映像になっていた。関係ない人間も踊り始め、とにかく楽しい事を見つけながら仕事をする仏人。この人たちの楽しさの追及は脱帽した。まあ、そこまでしなくても、日本人は他に別の楽しさを見つけているのだろうが。

久々の仏現場。仏語は元々うまくもないので、まあこんな程度と思っていたけど、、始めの1日目よりも日に日に仏語が上達した。あー、また住みたくなってしまったー!
[PR]
by maischaud | 2005-05-09 14:02 | 旅行

青い匂い

c0040003_13101838.jpgパリから帰ってみたら、桜の来もすっかり緑に覆われて、葉っぱの匂いが高い場所まで運ばれて、森林浴みたいな気分になる。夜は夜で光を求めて虫も高い場所までとんできて、あっという間に初夏モードになっていた。そう、高台の13階で、また一夏の出会いがあるのです。この夏はそんなと何回出会うのだろうか?泣かされる出会いはもういいの。私のことなんて、放っておいてくれれば、どんなに楽な事か…。
[PR]
by maischaud | 2005-05-09 13:21 | 日常

元大家さん ~paris 2 ~

98年、私がパリに付いて直ぐに家を借りたのが偶然にも、日本人の大家さんだった。彼は在仏25年クラスの彫刻家で、好きな土地に別荘(決して成金邸でないが、ポイントをおさえた家)を持ち、趣味の競馬で人生を謳歌している。この人の話だけでも本が書けそうな位、経験が豊富で、イタリアでの職人との仕事や強烈な恋愛などは、ピカソもびっくりだと思う。5年かけてやっと一通り聞けた程、素敵な恋愛話ばかりだった。

彼は自分が助けられた分、困っている人(独断だけど)をケアしている。橋の下のポーランド不法滞在者(今はまとまったから、不法でないけど)などを連れてきて、家でパーティーがてら、ご飯を食べさせたりしていた。彼の直感で、悪そうな人は呼ばないでいるらしい。

そこで知り合った同じ世代のポーランド人を行ってすぐに紹介してくれた。彼女は彼に目を付けられただけあって、とっても強いたくましい女の子だった。彼女の話はまた後日。

彼の目もたまには狂う時もあって、しぶとく居候する人もいた。出て行けと行ったら、そのまま眉毛を剃って、「この顔でどうやって出て行けっていうんだー!」としぶとい人もいた。彼、狂っていて面白かったんです。その当時のポーランド移民にも、複雑な事情があり、統合されるまで本国にかれない人もたくさんいたみたいです。
ちなみに、今回遊びに行ったら、スペインに出稼ぎに行く途中、パリで全部ものを盗まれたポ人が居候して、家の工事のバイトを任されてた。思いがけない偶然で、彼のものを盗んだ人間にあってしまうオチがあるのですが…。

そんなこんなで、わたしも随分お世話になって、本音の影響力はすごかった。一番初めに出会った人がそんな人だったもので、すっかり(褒め言葉で?)狂った人が好きになってしまった。私がパリでどん底にならなかったのも、彼のお陰であるし、これからも元気をもらいたい人だったりする。狂って(これも褒め言葉)いても、品があり、アカデミックなところは、私には真似できない。パリって時々そういう人に出会えるんですよねー。
[PR]
by maischaud | 2005-05-08 14:24 | 友達

ただいまです ~ paris 1 ~

c0040003_1148577.jpg

長い間留守にしましたが、皆様覗いてくださってありがとうございました。思った以上に仕事に追われてしまったのと、パソコン接続のトラブルやらで、更新できずにいました。写真も含めて、直ぐにお見せしたいのでえすが、只今処理中です。しばしお待ちを!

そう、まずは出発からですよー。厳しい重量制限に悩まされました。N画伯みたいにイラストでお知らせしたい程です。最終便の直前にもかかわらず、無理やり手荷物だして、先進国民とは思えないほどの荷物を抱え旅立ったのでした。お陰さまで私の荷物だけ一番にでてきてしまい、何事も無かったようにスーツケースに戻し、空港を後にしました。それでもやはり手荷物も多かったのですが…。

さて、到着したら直ぐに、昔のプライベートカットのお客さん宅へ。ちょっと早く着きすぎたので、久々にお散歩してみました。このお宅の界隈はアメリーちゃんの舞台となった地区で、あのカフェはいつも賑やかで、日本人の観光客も後を絶えないみたいです。ちょっと裏にはいったら、変なポスターを見つけました。この写真は携帯で撮ったので、うまく写っていませんが…

一番上は、ゴミはごみ箱に捨てましょうという事。ゴミ箱も増えていたような気がした。でも、相変わらず、道のポイ捨ては減っていないのですね。パリでは毎日夕方に清掃人が水(圧)を利用して、ほうきで下水やら水路?やらに一緒に流してしまうのですが、ゴミが多かれ少なかれ、彼らは毎日働きます。そのうち誰かがきれいにするという事か、大人も子供の前でポイします。勿論モラルある人はしませんよ!昔、独友達とドライブしていた時、彼がタバコをポイしたので、注意しました。自分の国じゃやらないが、ここは別と、意味不明な事を言ってました。またしばらくして、日友達も道でポイ捨てをしましたが、その時の言い分は、こうすることにより、失業者の仕事が増えるし、人の庭で核実験やったような国(当時は鮮明な事件)なんだから、構わないとの答え。まあ、どうでもいいですが、ゴミは持ち帰りましょう。但し、カフェのバーやテラスでタバコを吸う時は下に落とす場合もあります。灰皿をいちいち洗うなら、最後に一度床を掃くのが楽だからだそうです。こういう人種なので、衛生観念は私達よりもはるかに希薄です。

二番目は、犬のうんちを持ち帰りましょうですって。2年前と比べ少なくなった気もしました。知り合いの美しい女性が、巨大うんちに滑り、間抜けな姿になり、帰宅したのを覚えています。これも、夕方水に流されてしまうんですけどねー。パリでは気をつけましょう!

三番目は、立ちションやーよ、トイレに行ってねってことです。なんか汚くてすみません!ポスターになる程現実的な問題なんですよ。ふつうはしないと思いますが、浮浪者やアル中が多いので問題なんです。確かに、道を歩いていると、これは…と言うのがあります。電車の中ですましてしている人もみましたし、ホームでもいました。あー、汚くて本当にゴメンナサイ!!

四番目は、粗大ゴミは連絡してねって事です。でも、これは、地域によっては直ぐに誰かが持って行ってくれる場合があります。引越しの時いらなくなったステレオを意図的に出そうと、置いたとたんに、黒い坊やが持って行ってくれました。ある日中、マネキンがばらして何体も放置されていましたが、アーチストも住む界隈、あっという間になくなっていました。古くて味のあるマネキンで、私も持ち帰りたかったほどです。なんかこの街はこうして回っているみたいで、無駄な消費が無く感じられます。

あー、汚い話ですみませんでした。でも、日常な問題なんですよ。街が汚いせいか、始めの1年目は抵抗力がなく、よく風邪を引いてましたが、お陰さまで今は強くなっています。

写真が来るまでまっててねー。
[PR]
by maischaud | 2005-05-08 12:52 | 旅行