<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

香港ウィーク終了

去年夏から始めた香港の仕事も今回で5回目になった。
今回は香港ブランド“initial”っていう所のカタログ撮影とMマガジン、styleHKとかいう雑誌の3つだった。毎度ながら、スケジュールはなんとなく決まっていても、詳細がなかなかフィックスされず、幾度となく予定が変わってしまい、いつものごとくキレまくっていた。それは単純にそのフォトグラファーがそういう人なのかとずっと認識していたが、実は香港人がそういう計画性のない事を平気でやることがわかった。

まず1行メールが多いので、どれがどの用件のメールか分からなくなってしまう。それは、私でなく、彼だったりするので、自分で話したつもりでいたり、確認したつもりでいるので恐い。それと、日本語が話せないので、キャスティング(モデル選び)やコーディネショーン(撮影日程、場所、予算管理、ロケバス手配などの詳細の進行・管理など)が、全くもってできない=私とメイクちゃんで手助けをすることになって、3日しかやらない仕事だったが、なぜか忙しかった。私も香港撮影以外での仕事中にも係わらず、電話が鳴り、プリペード携帯電話のチャージがないからコールバックしてーとか言われた日には、ぶっちーん!切れましたよ。
カメラマンとメイク(日本人)と私は、香港撮影ではほぼ同じチームなのと、なぜか気が合うので(?)いつも衝突で、3人共すぐ忘れてしまう。カメラマンなんて、話も聞いていないです。

今回は1つの撮影で日本人クライアントさんが現場にきてくださったので、香港の仕事のお話を聞くことができた。そして、ジミー(香港人)も少しはまともだと言う事がわかった。香港って一体…。と思うが、若い人でも成功できる可能性がとってもありそうな国だと思いました。

…おまけですが、ジミーが皆で話しているとき、いろんな香港スターがどうのこうのっていう体験に基づくゴシップ話していましたが、私なんにも名前がひろえませんでした。お役に立てずに残念でした。
[PR]
by maischaud | 2005-08-27 01:19 | 日常

焼き肉

c0040003_2351073.jpg

行ってきました、白金にある金竜山。ここは一見さんお断りのお店にもかかわらず、予約がとれないお店として有名。今回は常連客である私のお世話になっている方の誕生日会が行われました。

ウワサ通りの美味しさで、全部生でもいける凄さ!豚トロも赤くてOK。タンなんて、両面焼こうとしたら、お店の人に“もったいない!”と注意されてしまいました。一番の感動作はカルビで、大きい大きい!網の上に3枚乗せていっぱいになってしまいました。弾力がある歯ごたえと思った瞬間、お口の中でトロッ…あ~、こんなに食べ物で感動したのは久々でした。いつの日かまた行ける事を既に夢見てます。お値段は、コストパフォーマンスに十分見合っています。味は値段以上。どなたか常連客の方、ご一報を!
[PR]
by maischaud | 2005-08-23 23:05

素敵なブログ

今日は素的なブログをご紹介しますね。

パリでのお友達が奏でる洗練されたブログです。
私がブログのタイトルを真似させていただいたのは申し訳ない程、対照的。
本当は彼女のブログの裏パリバージョンを作りたい程です。

la vie parisienne

ブックマークしたくなりますよ!
[PR]
by maischaud | 2005-08-20 01:27 | 友達

深夜ご飯

ここ最近、意図して外食が多く、夜中もずっと食べ続けていた。気が付いたら、なんかお腹ヤバくない??軽く3キロ増えてました。一応少しは気にしてここ3,4日、深夜に食べないでいよう…なんて思ってみたけれど、やっぱりすぐには直らない。今日は仕事が午後からなので、これからジムでぱーっとやってこようと思う。でも、今日の終わりは21時って香盤表にかいてあった。じゃ、22時頃ご飯??こういう時って食べなければいいのだ。が、今日のメンバーは初対面の人が多いから、何らかのストレスも発生して飲みたくなってしまうかも…誘惑に勝てるか!?
[PR]
by maischaud | 2005-08-16 09:36 | 日常

出会い

昨日は3本の撮影(いずれも雑誌)が時間の無駄なく入ってしまった為、約20時間連続労働をしてしまった。今はお盆前で皆忙しくしている。でも、今日ヒマヒマなことを考えたら、どれかが、今日でもよかったのだけれど、こればっかりは選べる立場でもないので仕方ない。

私は一応仕事をしているけど、自分の目指す内容にはまだまだ及ばない。営業も業界内の人とのお付き合いも苦手だし、かといって突出した才能もある訳でもなく、そのステージに立つ実力もまだまだなので、性格も含め時間が掛かる事は承知している。最近はそういう媒体の仕事もできたりする機会もあったが、定着しないと意味はない。いろんな人に会って、ブックや仕事の内容で評判になるしかない。最初に始めた頃は、余裕のない人の集まりで、意見や方向性の違いがお互いよくわからず、いろいろ辛い思いをしてもみたが、成長して出会った人は、とても穏やかだ。もちろん仕事には厳しいけれど、皆気さくな人だったりする事が多い。なので、いつも人の悪口を言っている人は余裕がなく、ちょっとすごい仕事をしていても、ここまでの人と、私は判断してしまう。

そんなことで、私達は雑誌やらウェブサイトなどを見て、自分の好きなフォトグラファーやらスタイリスト、メイク、エディター、アート ディレクターETC…などにブックを持って営業にいく。営業と言っても、世間話みたいなのから、形式的なものまでいろいろ。事務所がブックを郵送して、営業をかけてくれるみたいだけれど、我が事務所はその辺が少ないので、自分でアポをとって行っている。もちろんその逆もあって、こんな私でもブックを見て欲しいと、知らない人からも連絡がある。

私の営業の場合の殆どがフォトグラファーかメイクの人で、場所はカフェ。いつも“初めましてー”とか言いながら会うので、隣の席の人からは出会い系とかと思われていることもあったりする。7月に入ってからは、現場でも職場、プライベートでも私なりの“いい人”に出会ってばかりで、素敵な出会いが多い。なので、その出合ったクリエーターが私を気に掛けてくれて紹介してくれたクリエーターもまたいい人で、類は友を呼び、素敵な人も連鎖している。ま、それが全て仕事に結びつくかは、いろいろなしがらみもあり、難しいけれど、“また会いたい!”と思わせてくれる出会いが多かった。

営業でも仕事でも初対面だらけで、人と接するのが嫌だったけれど、今はまた会いたい人が多くなってとてもありがたく感じているのでありました。
[PR]
by maischaud | 2005-08-08 16:57 | お仕事

モテる女はちょいロング

最近髪の毛を伸ばしてみた。まだ鎖骨の辺りだけれど、私にとっては七五三と高3以来のロング(って、まだセミロングだよ)ヘアで、過去をさかのぼると最長記録かもしれない。髪が多く癖があるので、伸ばしずらいのと、周りの評判があまりにも悪すぎたので、途中挫折してばかりだった。

髪が伸びて感じた事は、初対面の人の第一印象が、以前と全く違う。なんだか女性として扱われているみたい。っていうか、女なんだからさー、本来これが普通だったのかと思うと、どうして今まで伸ばさずにいたのかと、今更悔やまれる。別にモテている訳でも何でもないけど、世の女性はこういう扱いをされているのかと発見と同時に、以前友達が話した事を思い出した。

とってもモテる友達Sが超ロングヘアだけど、彼女曰く、腰まであると更にモテるらしく、時には武器として使っているらしい。彼女はスタイルもよく本当にモテる子で、英、仏語も上手なのと、いろいろなジャンルのお話ができ、世界中どこでもモテる。例えばカフェでお茶しても、美術館で独り鑑賞していても、誰か必ず声を掛けてくる。やりとりも、いかにもって感じの女じゃないので、それもいいし、全くもって軽くない。余韻を持った軽くない彼女を振り向かせようと、殆どの男性は心惹かれていく。途中無理だと諦めた男性も、生涯の心の彼女として選んでいるみたいで、誕生日にもなると世界中(時々有名人もいる)から、プレゼントが送られてくる。彼女をみながら、いろいろ学ぼうと思ったけれど、無理だった。

彼女とはパリで知り合って、彼女の帰国後もちょくちょくパリに戻っては、私の家に滞在していた。イタリア旅行でも、私が仕事で先に帰国した直後からモテたり、某米ミュージシャンのライブでも、お声が掛かり、私達はライヴ後バックステージにおじゃました。こういうのって初めてで、ミュージシャンは見ていない様でも、きちんと客席をみているのだと思った。それからちょっとした知り合いになり、彼女はまだメールをしている仲みたいだ。ライヴに行くくらいだから、私もファンである。彼女をきっかけに知り合いになれたから、私もラッキー!ヨーロッパツアーも終わったから、秋くらいに来日かなあ、と思っている。

パリ時代のある日、共通の女友達Mがドイツから遊びに来て、ポンピドゥーセンターに行った。22時すぎても(水曜日は閉館22時)帰ってこないので、Sみたいに、ナンパでもされたかと思ったら、まったくそんな事もなく、作品を見入っていたらしい。やっぱり私達は違うという話になった。
いや、むしろ彼女がスペシャルだってことになった。Mは私に「C氏(私の名前)、好きな食べ物は何ですか?」と尋ねた。私Cは、「ご飯とかー、PHOとかー」と答えたら、「だめですよー、S氏は、“フランボワーズのジャムです”と、素で答えるんですからー!」との事。だって、外国にすんでいるのだから、お箸を使うものを挙げたいじゃないー!と思うけど、やっぱりモテる女は言う事が違う。Sを知らない人が聞いたら、嫌悪感を覚えるかもしれないけれど、本当にそれが嫌味なくハマる子なので、脱帽。

私達の大好きな関西のSちゃん、最近連絡とっていないから、連絡して、新たにモテる秘訣を聞き、刺激されようと思ったのでした。
[PR]
by maischaud | 2005-08-02 02:06 | 友達