<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

御朱印帳



c0040003_020463.jpg更新続けたついでに、もう一つ。一昨日は、朝からお腹の張りが凄く、食欲0。夜帰宅同時に恐ろしく悪寒がし、体温は35度を切る低温のままそのまま寝込んだ。少し食事をとっても全て受け付けず、おえ〜(失礼!)。体温は上がりやや高温。ひたすら寝、よく朝病院に。更に夕方休んだら意外に回復。原因不明の病は1日で回復したけれど、皆さんもお気を付けあれ。

さて、帰国して以来の私達の共通の趣味が神社・仏閣巡りで、一昨年辺りから御朱印を集める様になった。始めたのは出雲大社から。地方に行く時は忘れないけれど、都内のお出かけではいつも忘れてしまうので、東京の御朱印が意外に少ない。






今は1冊目の裏面に到達。年末の和歌山旅行(後日上げます)では、素敵な那智の滝の御朱印帳があったけれど、ここからスタートする訳でもないので、ここでは写真で我慢した。c0040003_0204724.jpg





最近分かったのは、大きな神社、例えば伊勢神宮や出雲大社は、スタンプと日付の奉拝が分かる程度で、至ってシンプル。初心者の私としては、御朱印頂いた後のチェックが楽しみのひとつなので、ちょっと味気ないきもする。お寺なんかは、お坊さんが持ち前のオリジナルの書で勢いよく寺名や教えなども記してくれ、簡単な謌や悟りの説明も一緒に挟んでくれたりと、各々付加価値もついてくる。これは気付いた事だけれど、初詣などの繁忙期に行くと、上の宮司さんやら神主さんやらはお忙しく、バイト(と言っては失礼だが)の様な若い巫女さんが書いてくれるのだけれど、長年書き続けた年配の方に比べると、ちょっと物足りない。きちんと資格あるのだろうが、隣に並ぶと気になって仕方なかった(罰当たりでごめんなさい)。

c0040003_0205080.jpg




今後ものんびり続けていけたら、パスポートのスタンプを見る以上に楽しいものになりと思う。
[PR]
by maischaud | 2008-01-20 00:20

白川郷~飛騨高山~下呂温泉

仕事の待ち時間に編集。忘れない様に簡単に旅行記を書き留めたいと思います。

12月の3連休、友達カップルと私たちカップルで岐阜旅行に行きました。
毎年クリスマスの連休は、仏閣巡りなんですが、今回はちょっと違った情緒を求めてみました。

都内から4WDのスタッドレスをレンタカーし、 早々に出発。松本を過ぎるとすぐに銀世界で気持ち良くドライブ。
まずは白川郷までひとっ走り。中途半端な雪景色だった為か、迫力に欠ける感じがしてしまった。c0040003_23145776.jpg




立ち寄り温泉に寄り道した後、高山のホテル到着。ここ最近活用しているのが、あえて素泊まりにして、外に美味しいものを食べに行く。ある程度の街で出歩き可能ならば、この方が美味しいものにありつける可能性が高い。旅館もそこそこ泊まったけど、結構いいお値段を出さないと当たりの可能性は低いし、高くても外れる危険もあったりする。旅館料理も飽きてきたり、翌日は旅館だったので、ちょっと地元のご飯をお試ししてみました。悩んだ結果、候補は2つ、同系列の居酒屋と割烹。選べなかったので、両方いきました。ネットでみても、両方美味しそうにみえるからです。結果正解。2つとも全く違うもので、先にお高い方を食べてよかったです。残念ながら写真がまだありません。近くお見せできるかもしれないです。
ビジネスホテルも和室で温泉付き。1日目はお安く上がったと思います。


c0040003_2315391.jpg

2日目は高山観光をして、ちょっとした話題のおそば屋さんへ。とにかく食材にはこだわっているらしく、説明も熱いものだった。諸々決めつけてしまうサービスに、若干引いてしまう私達で、食事の後にお店の語録で持ち切りになってしまった。お料理はご主人が丹誠込めて作っているのが伝わってくる味で、最後の最後までおいしく頂けました。複雑な思いを胸に、高山を後に下呂温泉に。

下呂は高台のちょっと古めの旅館に泊まり、たまたま行っていた町の花火大会を近くで眺められ、楽しく過ごしました。情緒残る昭和初期の木造建築でありながらも、敷地、建物面積も広く、未だダンスホールなども残っていて、中でも、家族風呂(利用者の証言:熱湯だった)が昔の○るこ風呂の様な趣で、是非ここで“ごっご”をやって欲しいとおもいました。

翌日は帰りがてらに、中山道宿場町の妻籠宿と馬籠宿に寄り道をし、それでもまだ温泉に入る方向で、無理矢理立ち寄り温泉に寄り、ちょっと休んでやっと出発。偶然発見したすやのくりきんとんを買い、ひたすら車を走らせ、途中楽しく危ない瞬間もあったけれど、どうにか都内到着。そのまま三宿のピザ屋さんへ。24日の為、若干混雑。サクッと食べて無事に終了しました。

毎年の恒例になりつつあり、次回はどこになるかもお楽しみです。
しかし、主要な写真がないと面白みに欠けるのですねえ。
[PR]
by maischaud | 2008-01-19 23:14 | 旅行

タイロケ

c0040003_121113100.jpg
去年の話ですが、某TVCMのロケでタイに行ってきました。今月末に記者発表も
あり、その後TVで流れる様子です。現地スタッフをはじめ、スタッフは半分以上がオーストラリアやえげれすから来た人で、
モデルも日本人だけれどそうでない?人ばかりで色濃く楽しかった。

深夜に到着して、翌日は早朝からスタート。こんなのの繰り返しで、地方への移動があったので、少しはリラックスできたものの、道のせいか、
移動のバスが大揺れで、お昼寝も出来ずに過ぎていってしまった。


c0040003_12111326.jpg




今回タイは初めてで、本場のタイ料理も楽しみの1つでした。うちの彼は私の作るタイ料理は本場でない為、いつか行く事を推奨(のみ)していた。朝と昼はロケ現場までケータリングがやってきて、タイ料理5種類、(外人用の)洋食5種類程、いつも違った料理をだしてくれた。夜もタイ料理が多かったおかげで。合計何種類の料理を食べたのか数えきれない位。日本のタイ料理とは全く違い、彼が勧めるのもすぐに納得。カップラーメンも試してみたけれど、それもまた美味しく、お気に入りはnissin。日本のメーカーって凄いなという話になった。






c0040003_12111458.jpg
c0040003_12111467.jpg


南の島のスタッフも一緒で、時には強烈なキャラの人たちもいたけれど、皆さんの意識が高く、素敵な仕上がりになっていると思います。
[PR]
by maischaud | 2008-01-15 12:11 | お仕事

サヨナラソファー

c0040003_11501571.jpg
引っ越しをした際、このソファーを直せる所を探していたけれど、強烈に高くついてしまう為、思い切って処分せざる得なくなってしまった。このソファーはパリの倉庫の様な市場で2000円位買ったもので、70’Sもあってか愛着もあり、どーしても手放したくなかった。でも、座るとウレタンが沈み、くつろぐ目的には遠くなってしまった。
この他にもいくつか椅子があって直してみた。長く使う目的で買っても、リサイクルできるものとそうでないものもあるのだから仕方ないけれど、やっぱり手放した今でも寂しいですね。気休めに、粗大ゴミの日の前夜から、ソファーご自由にどうぞと張り紙もしてみた。ゴミの回収の人か通りすがりの人、どちらが持っていったかわからないけれど、私からはサヨナラでした!
[PR]
by maischaud | 2008-01-15 11:50