スペイン雑誌

先日スペイン人フォトグラファーとスペイン誌のファッションシュートがあった。
映画ブレードランナーの世界観をそのまま出すとの事なので、DVDで諸々研究。
特にレイチェルのヘアが特殊なので、家でも練習。

c0040003_16135923.jpg



















当日セミロングのモデルちゃんにやるのはちょっと難しかったけれど、どうにか形になった。
渋谷や新宿、六本木でのゲリラ撮影だったけれど、○○横町以外は、無事撮りきれた。

毎回思うのは海外誌だと大胆に創作できるので、仕事のやりがいを感じる。大変だった
けれど、満足感の方が大きい1日になった。

c0040003_16181747.jpg
c0040003_16193525.jpg

[PR]
# by maischaud | 2008-08-03 16:18 | お仕事

鹿島神宮

数年前にちょろっと寄り道した鹿島神宮にきちんと参拝をしに出かけた。
なんといっても、ここの神社はもともとの漢字が我が家の名字と一緒なので、
ルーツの有無関係なく、ご縁を感じていた。

やっぱりきれいな神社で、実は歴史も結構古い。ルーツは紀元前にも遡る。
この掃き清められた境内は、歓迎ムード満載な気になった。
奈良の鹿は、元々ここの神社からの贈り物で、その時代からも交流があったらしい。

c0040003_15583896.jpg
c0040003_15584777.jpg
c0040003_15585870.jpg
c0040003_1559769.jpg


折角なので、うみの方にも行ってみた。銚子から北上している長い海岸線は意外にきれいで驚いた。
私道を迷い込んで行ったのだけど、海無し県で育った私は、家の裏にあんなに大きな
海岸があるのがちょっと驚きだった。台風や津波の時は怖くないのかとか、大きなお世話
を想像してしまった。


近くて、素朴な1日観光だった。
c0040003_161036100.jpg

[PR]
# by maischaud | 2008-08-03 16:12 | 旅行

紫陽花

先日(て言っても、結構前)、初めて鎌倉に紫陽花を見に行った。
周りの友達の多くが鎌倉大好きなのだけれど、私はあの混み具合でどうもやられてしまう。
ネガティブな始まりですみません。

まずは東慶寺に行きお庭を散策。1冊目の御朱印帳が裏表終わったので、2冊目を購入
しようとしたが、小さなサイズしか無い為、近所の圓覚寺に先に参拝し、購入。ちょっと
仏教色が強い表紙な為、神社の御朱印と一緒にするのはどうかと思ったけれど、仕方ない。


c0040003_15275343.jpg
c0040003_15291641.jpg



シーズンの為、平日にもかかわらず沢山の観光客が多い。それでも、おおきな株から咲く
大きな紫陽花はそんな事もわすれさせてくれた。彼は紫陽花も我が家でもと言ったが、
今育てているバラも冬場に落葉し、紫陽花まで落葉したら、ちょっと寂しいので却下。
大きな庭ならどんだけ植えてもいいけれど、限られるなかでは難しい。でも実際
虫ばかりついて、手間のかかる薔薇よりもいいのかもと心揺らいでしまった。

お昼は数週間前に仕事で鎌倉に行った際に食べた、魚料理のおいしいお店にまた行った。
小さいお店だけれど、大将の仕事の丁寧さや人柄、雰囲気がリピーターが多い理由だと思う。

長谷寺までそう遠くなさそうだが、車で向かってしまった。一本道の狭い参道は、
大型バス、歩行者がすれ違えず、大渋滞になっていた。
休日は入場制限があるらしいけれど、その時はなかったので、早速参拝。
こちらも、みなため息やら歓声をあげながら、美しさにご満悦。滅多に写真を撮らない
私も、思わず自分と紫陽花で撮ってしまった!

帰りも渋滞に巻き込まれ、夕方からの約束の時間にヒヤヒヤしながら帰宅した。
鎌倉の道路がもっとよくなればいいのになあ。



c0040003_15464851.jpg
c0040003_154774.jpg
c0040003_15472848.jpg
c0040003_154744100.jpg

[PR]
# by maischaud | 2008-08-03 15:47 | 旅行

結婚一周年

なんと、私達も結婚して1年経ちまして、付き合ってから6年半。
特にイベントなども考えていなかったのだけれど、結婚祝いにもらった東京湾クルーズ
ランチ券があったので、それを利用する事になった。

浜松町からのスタートで、船もご立派。バブルの時代は活躍していた様子が伺える。
私達は用意された個室に案内された。テーブルセットもしっかりしているのだけれど、
ちょっとフェイクな感じ。でもそれはそれで結構新鮮なので、それも楽しむ事にした。

先ずは、アペリティフが出て来た。シャンパンって言ってたけれど、ヴァンムスか何かで、
イマイチだった。その後も前菜、メインと何種類か続いたけれど、久々にあんな感じな
仏料理を食べて、ちょっとびくりした。飲み物は水で十分な程パフォーマンスが悪かった。

多分20年前と何も変わってない味なんだろうけれど、初めて食べたフランス料理が
美味しいのかまずいのか分からずに食べた事を思い出した。
とは言っても、こんな機会でもないとクルーズデートなんてしないし、新鮮で楽しかった。
下船後、胃がもたれてしまったので、帰りは遠回りしながら歩いて帰った。
なにはともあれ、無事1年もち、お祝いしてくださった方達も裏切らず、めでたし
めでたしだった。



c0040003_151211.jpgc0040003_15121864.jpg
[PR]
# by maischaud | 2008-08-03 15:12 | 日常

噂の国、Cへ! 8

予定では、撮影が終わってから中国のファッション誌をやってくるはずだったのだが、スケジュール調整出来ずキャンセルに。
余りにも仲良くなってしまったので、暗黙の了解で香港チームと団体行動をする事になった。
当初お互い自由行動って、誰もが思っていた事なんだけれど、全員がもっと一緒に楽しみたいって思ったらしい。

撮影最終後、皆でギャラリーエリアに行った。私達日本人2人は連れて行ってもらった。
目立ったギャラリーは学生の作品みたいなのが多く、かなり暗い。暗い作品は、写真にしても、
映画にしても好きなんだけれど、グッとくる強さが足りない。ただ暗くて薬物の印象。

こんな程度かと思ったら、素敵なアーチストを発見!
この
ギャラリーは、とても好みだった。彼の作品が1つしか無かったけれど、写真集がおいてあった。
オーナーの仏人に聞いたら、今は売っていないらしい。どうしても残しておきたかったので、それを写メさせてもらった。


c0040003_11354331.jpg
c0040003_1136312.jpg
c0040003_11362150.jpg
c0040003_11364971.jpg



残り2日のオフ。1日目は上海ショッピングツアーで、小さなお店をちょこちょこ見て回った。
皆共通に趣味が合うのがよかった。写真好きな人が多く、何だか分からない様なアートスナップばかり撮っていた。
東京にいても、代官山や中目黒をわざわざ巡ることもないけれど、久々に色々回るもの楽しかった。

c0040003_11424863.jpg
c0040003_1143829.jpg


その日の夜は、いつもの中華を食べた後、小洒落たエリアのバーに行った。最強にモサい白人が、
アジア人の女の子達と一部踊っていたりして、あまりよろしくない六本木のバーに来た気分になった(笑)。

一人、香港人アシスタントちゃんなんだけれど、バーに行ったとたんに、ありがちなシッタカをする子がいて、
しょーもないバーなのに、ワインを選ぶまでが長い長い。っていうか、このバーのセレクトは余りよろしくなく、
何でも一緒だった。一応テイスティングなんかしていたけれど、飲んでみたら、おえ〜って感じ。
ここじゃあ、ダメワインでも交換なんかしないだろうと思ってしまい、さっきのテイスティングは、何の役目だったのか?
でも面白いから、許してあげた。

それにしても、今回のメンバー(一人ワイン通風除)は、本当にお酒に興味ない人ばかりで、
その通(風)が、くるくる回したら、みんなくるくるして、もう花開いたから大丈夫!と思っても、
最後までくるくるしていて、悪いお手本がいけなかったようだった。


最終日は郊外のZhujiajiaoという街にバスで出かけた。バスがなんとなく汚くて、遠足気分だった。
入場料を払い、中国のヴェネツィアみたいな所に到着。ここも裏路地系が多く、皆迷子になりながら、
個々に写真を撮っていた。

c0040003_1212573.jpg
c0040003_1214225.jpg
c0040003_122148.jpg
c0040003_1222474.jpg
c0040003_123251.jpg
c0040003_123274.jpg
c0040003_1235065.jpg
c0040003_1241517.jpg



後半は地元アーチストのおっさん達が、私達の為に路上パフォーマンスをしてくれて、最高に盛り上がっていた。
って言っても、何しゃべってるか分からないので、訳してもらいながら見ていたが、理解不可能だった。

上海に戻り、最後の中華を食べ、NYっぽいバーに行った。前日のバーとは客層が違い、私の言葉で言うと、
“正しい人達”が沢山いた。外人が7割で、そのビル、お向かいのビルも人がごった返していて、
いいお店は富裕層にとって、少ないのだとか。ここでも、ワイン通の彼は、サービスの兄ちゃんと
ワインのセレクトを長々やっていて、メニューに載っていないワインを持ってこさせていた。
見かねた同胞のMが私に決める様促し、当たり障りない様に普通のお値段のワインがいいのでは
と軽く説得した。危ない危ない。

翌日も朝食を一緒にとり、お話をして、東京組の私達と香港組でお別れをした。
香港組は台風の影響で、空港からまた上海に戻り、1泊延期させられたというオチがついてきた。
私達は名残惜しく、遅れているフライトの待ち時間に青島を飲み、機内でも青島を飲み、思い出話に
大いに浸りながら各々のパートナーが待つ東京の家に帰宅できた。

皆が予期しなかった今回のロケは、珍しく仲良くなり交流も深まった。いつもならば仕事をサボる
外人スタッフが多い中、メインの人達とは同じモチベーチョンで出来たのが大きかった。
これからもこんな楽しく仕事ができる様に頑張りたいのであった。

最終的に腹8分目の食事を続けた私は、10日位で3キロ痩せた!普段運動しても痩せないのに、
どんだけ食べ続けているのかと思う。でも、あっという間に元に戻りましたけれど…。
[PR]
# by maischaud | 2008-06-14 12:29 | お仕事

緑地化計画 ~続き~

中国ロケ最終章その前に、屋上やベランダの様子。
今日は犬を預かっていまして、お泊まり中。
この春初めて買ったバラが一輪咲き、また別の雰囲気になった。

こちらの葉は、2年目のなすなのだけれど、本来は1年で終えなければいけないものを
そのまま放っておいたら、冬を越し、花を咲かせる様になってしまい、実もついている。
2年目になると見た事も無いトゲが葉に生えていた。しばらくこのまま放置。
c0040003_0113759.jpg



c0040003_0113951.jpg
c0040003_0113940.jpg

c0040003_0113966.jpg
c0040003_0113927.jpg

[PR]
# by maischaud | 2008-06-14 00:11 | 新居

噂の国、Cへ!7

上海はあまりお天気がよくなく、足止めをくってしまった。

中国に来てから、おいしいコーヒーやジュースを飲めずにいたので、スタバに駆け込んだ。
オレンジジュースは普段からそれ程飲む訳でもないけど、フレッシュなものが売っていたので思わず購入。
今までアメリカには、それ程感謝した事はなかったけれど、サンキューすていつ様と感じた。
以前はオリジナル色の強い国や街に外資のチェーン店が入るのを余好ましく思っていなかったが、
今回は妙に有り難く感じてしまった。歳をとったのかな?


c0040003_034257.jpg
c0040003_041928.jpg







上海のギャラリーが入ったビルは、小洒落たレストランなんかも入っていて、一人では
なかなか行きづらい場所にあった。やや貧困なそうな住宅の中にある雰囲気のある建物だった。
ここで撮影を終えて移動。すぐ前の川向こうのTBWA Shanghaiの看板のある古いビルにむかった。
川沿いの歩道を歩くと、なんだか臭くなってきた。人糞ストリートと呼ばずにはいられない程
大量に落ちている。向こうに渡る為の橋にいくまで、大騒ぎしながら通過。インドだったら覚悟は
できていたけれど、まさかここでこんなハプニングがあるとは思いもしなかった。


c0040003_0152877.jpg
c0040003_0155652.jpg


対岸付近もアート系の本屋やギャラリーや事務所などあり、素敵なロケーションだった。
天井が高く、自然光も気持ちがいい。


c0040003_0183346.jpg
c0040003_0185322.jpg

c0040003_0192780.jpg
c0040003_0193925.jpg




この後も移動の為、橋を渡っていたら、先ほどのうん●ストリートでピクニックが始まってしまった。
この写真を撮った直後、なぜかひどく落ちてしまった私達。本当に複雑だった。

c0040003_0221427.jpg



その他、観光地みたいな場所や電車のターミナル駅の陸橋、ホテルやその周辺でおり終え、
予定よりも2日多く働いた。ギャラに追加したかったけれど、セット料金(?)だったので無理だった。

c0040003_024316.jpg
c0040003_027684.jpg
c0040003_028295.jpg
c0040003_0283929.jpg

[PR]
# by maischaud | 2008-06-12 00:28 | お仕事

噂の国、Cへ!6

上海は済南を過ごした後は、刺激が少なく感じた。やはりどこか都会な風がふいていた。
今回ここまで楽しめるのは、アート好きな香港スタッフのリサーチと北京語のお陰。
AD(art directorの方)は日本人の様に細かく気を配ってくれて、時間の無駄なく私達は過ごせた。
日本だとあり得ない許可なしの撮影で、裏路地だけでなくアパートの中まで入ってしまったり(さすがに共有部分ですけれど)、
私達も上っ面だけ裏をみせてもらった。ただ一つ、彼らのミスがあった。ロケ地に行ったら、
他の巨大な映画クルーに先を越されていた。やはり映画となると申請は必要で、結構厳しいらしい。
その厳しいというのは、場所云々ってよりも、映画のストーリーが政治的であるかないかって事だけど。

撮りたい場所では、遠目でも日本人って解る人々がロケ中だった。それでもどこか私達に場所がないかと、
ADとじみーが探しに行き戻ってきた。私に“takeshiがいたよ”って嬉しそうにいうので、
“kitano”しかイメージできなかった。その頃カメラが遠くでまわりはじめたのか、
私達にも静かにする様に映画現地スタッフに注意された。と同時に、すぐ隣で、
香港スタッフ女の子3人が“きゃあああああ”と叫んだ。じみーが“takeshiさんがいる”と
告げた様だった。速攻映画スタッフに怒られ、撮影現場から追い出された。
その“takeshi”は金城さんの方で、彼女達は昔っから大ファンらしい。3人とも動揺していて、
一人はデビュー以来、一人は自分は彼と結婚したいと語り、もう一人は言葉もでないでいた。
っていうか、皆香港いるし業界近いんだから、どっかで会えそうなのに…。彼の存在は遠い様だった。
この映画のシーンは彼は手錠をかけられていたみたいで、セットもレトロなので、時代は戦後もしくは戦時中のお話なんでしょうかね。


c0040003_2251554.jpg
takeshiさんの現場。





その後は順調にロケが続く。



c0040003_225593.jpg
c0040003_2262469.jpg
c0040003_2265246.jpg
c0040003_227357.jpg

[PR]
# by maischaud | 2008-06-11 02:31 | お仕事

噂の国、Cへ!5

上海に戻ってきたら、ちょっとほっとした。やはり都会は安心できるのかもしれない。

いつも早朝から仕込みなので、時々朝ご飯を運んでもらっていた。その中にはどうしても食べられない
おやきっぽいものがあり、私達日本人は先に頂いていた。Mと私はイマイチだった。
すぐに中国人の子が手を出して食べようとするから、“あっ、それはおいしくないよ!”と
Mが思わず日本語で言ってしまったけれど、その子は、“これ美味しいんだよー”と私達に
薦めてきてしまった。同じお箸の国の人種でも嗜好があわない物もあるのだなと納得。

それと、10日近くいて、韓国料理以外は殆ど中華。たまにはイタリアンっていうのも香港人にはなく、
ちょっと驚きだった。これはもちろん人によりけりらしいけれど、都会の若者が多いのに、たまには
他の物も食べてみようと思わないのか疑問だった。
油を除いては味付けも好きだったし、香港人のお陰でメニューは全く困らず、彼らの頼んだものを
美味しく頂いていた。でもただ一つ、どうしてもNGなものが、レンコンの甘い味付けのものだった。
友達曰く、ライスプディングと一緒で、美味しい物ならば、それほどまずくないとの事。
あれだけは、どうしても苦手だった。

c0040003_0424132.jpgc0040003_0453788.jpg

ホテルの目の前がマンション建築現場になっていて、基礎工事中だったけれど、恐ろしい程の軽めの基礎。これじゃあ木造3階でも心配。建物が建ってしまったら、そんな基礎なんて想像もできないけれど、
こんな建築物には絶対住みたくないと思った。更に朝7時からの工事は、夜型の私には
かなりのストレスになると、上海に住んだ事を想像してしまった。
[PR]
# by maischaud | 2008-06-11 00:49 | お仕事

噂の国、Cへ!4

済南最終日は、郊外の公園に行った。行き先がいつも変更されたり、聞いても分からないので、
途中からミステリーロケになってきてしまった。その頃は既に初対面のスタッフとも仲良くなっていて、
大変な撮影も楽しくなっていた。私達2人日本人チームは青島をオーダーしていたので、
青島好きと思われていた。でも、私はいつ誰かが紹興酒を頼んでくれないかと願っていたのであった。
今回の香港スタッフは飲まない人ばかりで、飲んでもせいぜい青島2杯。私の周りだけかもしれないけれど、
香港人ってあまり飲まないっていう印象がなかなか外れないでいる。

公園はフラワーパークの割には花が少なく、市民の憩いの場になっていた。
そんなところで撮影始めたもんだから、騒ぎにならなくても、見物人が多くなってきた。
ここでもなんだかおもしろいモノが沢山あって楽しませてもらった。


c0040003_0201164.jpg
c0040003_0205352.jpg
c0040003_021985.jpg
c0040003_022616.jpg

[PR]
# by maischaud | 2008-06-11 00:21 | お仕事

噂の国、Cへ!3

その後も早朝からの撮影が夜まで続き、お疲れ気味。
そんな時にも済南の味付けは少々強烈で、腹八分目が始まった。
マックや宅配ピザの時は、満腹食べると胃がもたれるので、仕方なく食べなくては行けない時は、
いつも控えめに摂る様にする。

行きの中国系飛行機で、すでに学んだ事があった。それは、オレンジジュースがオレンジジュースで無かった事。
オレンジの色はしていたけれど、アルコールの味がした。そこからは、オレンジジュースは封印してしまった。

その日の夜のご近所のレストラン。ジャングル風。でもエジプトっぽい壁紙。アラブ仕様と思いきや、サンタもいるよー!


c0040003_022927.jpg
c0040003_03891.jpg
c0040003_034585.jpg
c0040003_04640.jpg


ここまではよかったのだけれど、最後に強烈な物を見てしまった!


c0040003_052697.jpg
c0040003_055397.jpg
c0040003_061238.jpg
c0040003_063024.jpg



ここのレストランは、3種類の味付けしか存在しない事に途中から気が付いたのだった!
[PR]
# by maischaud | 2008-06-11 00:08 | お仕事

噂の国、Cへ! 2

3日目は撮影スタート。早朝から準備です。全くの初メンバーなので、何を求められているのか、
ファッション撮影であれば解りやすいのだけれど、フォトブックなのに洋服がファッション。
若干手探りで準備開始。

サプライズで、アーチストの兄弟の結婚式でも撮影可能になったので、地方都市型最新結婚式に
私達もお邪魔してしまった。すっごい昭和な洋風結婚式で、いきなり凄い経験をさせてもらった。


c0040003_23324849.jpg


その後街中でも撮影。なんとミニーちゃんが!北京に行かなくても、このフェイクが
みられるなんて、思わなかったので私は大興奮。この国に住んだら日常的なのかも
しれないけれど、もう突っ込みどころ満載で、私的にはかなりツボを刺激させられた!

c0040003_23374066.jpg



この子を覗いたら、瞳の網の奥で目が合ってしまい、大変気持ちが悪かった!
黒ズボン(あえてズボンという)とスニーカー。




期待していなかったせいもあったので、街もとても楽しかった。


c0040003_23422043.jpg
c0040003_23423116.jpg
c0040003_2342416.jpg
c0040003_23424894.jpg



つづく
[PR]
# by maischaud | 2008-06-09 23:45 | お仕事